可憐なのにクール。密やかなのに印象的。 肌に寄り添うようになじみながらも美妙な存在感をしめすCASUCAのジュエリー。





INFORMATION
2017.8.7 CASUCAの新しいイメージフォトブックが出来ました!

モデルは満島ひかりさんと満島みなみさん姉妹!
とても仲良しで素敵な姉妹が、梅雨入り前の気持ちのよいある日、CASUCAのジュエリーを宝物のように愛しんで、ほんとうに仲睦まじく、ほんとうに楽しそうに過ごした時の様子が詰まっています。


INFORMATION
2017.7.22 新作たちが登場!

ストンと伸びた直線が、まるで麦の茎のように感じられて名づけた " mugi "(ムギ)" には、ネックレス、2種類のリング、CASUCAチェーンでキラキラ揺れるチェーンピアスやロングピアス、ブレスレットのアイテムが登場。どこか静かでユニセックスなイメージのモチーフです。
さらに、音色をイメージしたモチーフ " emiria "(エミリア)に、チョーカーとブレスレットが加わりました。


INFORMATION
2016.7.21 下着ブランドAROMATIQUE | CASUCAが登場!

CASUCAは、株式会社タカギのランジェリーブランド AROMATIQUE とのコラボレーションによる下着ブランド、AROMATIQUE | CASUCA(アロマティック | カスカ)を発売しました。
CASUCAのデザイナー安野ともこがスタイリストとして感じてきた熱い思いから生まれたAROMATIQUE | CASUCA。是非ホームページを一度ご覧ください。
www.aromatiquecasuca.jp

mugi ムギ

ストンと伸びた直線が、まるで麦の茎のように感じられてこう名づけました。麦の花言葉は「富、繁栄、希望」また「飾らない愛情」。 装うことで自らを慈しむとしたら、お気に入りのさりげないジュエリーをさらっと身につけてみる。そんなシチュエーションにしっくり来るのが、このどこか静かでユニセックスなイメージのCAUSCAの " mug i " (ムギ)です。

pakira パキラ

花言葉は「快活」「運気上昇」。財の木とも呼ばれ、ひたすらポジティブな植物パキラ。CASUCAのイメージする財とは、たくさんの出逢い。この地球上に生まれた生き物がすべて絡みあって、明るく前向きに生きていける世の中になったらいいのに。そんな思いを託して誕生したモチーフが " pakira " (パキラ)です。光を受けてキラキラと輝く三本のラインがやわらかく絡み合うデザインは、少女の頃、長い髪や紐をついつい三つ編みにしていた、あの愛しさを思い起こさせます。

tubame ツバメ

初夏の空を見上げては羨望の眼差しを向けてきた愛しい姿が、ついにCASUCAのモチーフに加わりました。幼い頃、実家の柱時計の上に巣を作っていた燕の夫婦は、空をスーッと滑るように飛翔し、ひっきりなしに餌を運んでいました。その姿は、在りし日の家族の風景と共に今もしっかりと脳裏に焼きついています。CASUCAの " tubame " は穏やかな幸せの象徴です。

eederuwais エーデルワイス

高山地帯に生息するまるで天使の羽根のような白い花エーデルワイス、花言葉は "大切な思い出 "。地上に舞い降りた天使が、天に帰るとき身代わりに残したという言い伝えがある美しい花です。 エアリーなジュエリーを指に、耳に、胸元に、想像したら見たこともない羽根の造形になりました。ぴったりの名前に出逢い歓びにあふれた羽根たち、様々な趣とバリエーションがあります。

lupearl myuge ルパール ミュゲ

ミュゲとはフランス語ですずらん。花言葉は「選ばれてきた幸せの象徴」。すずらんの花は近くに置いておくだけでこちらまで気持ちが清らかになるような花です。純粋であることは時に眩しさすら感じさせられるほどの魅力。キラキラと輝くCASUCAチェーンをまとったケシパールが織りなす魅力、ミュゲを身につけると、きっと忘れかけた純粋さを取り戻させてくれるはず。

caya カヤ

細いほそい、テクスチャーのあるライン。究極的なまでにシンプルな線状のフープモチーフです。
CASUCAオリジナルチェーンのごとく、儚いようでいて存在感のあるクールなアイテム。
まるで糸のように細い金線をフープにしました。 表面には細かなカッティングをほどこしているため凛とした輝きを放ちます。

lupearl ルパール

潮が満ちるように愛を引き寄せ、潮が引くように悲しみを消し去り、すべての女性の運を高め、魅力を増幅させる真珠。そんな真珠のなかでも希少性が高く、個性溢れる魅力をもつ天然の真珠ケシパールを中心に、長い年月をかけ真珠層を重ねた贅沢な大粒のものから、最も小粒で可愛く神秘的な味わいをもつスナケシパールなども用い、ノーブルで独創的なデザインに仕上げました。

kikyo キキョウ

桔梗は「永遠の愛」「誠実」「清楚」「従順」こんな花言葉を持つしっとりと静かに佇む紫色の花です。 その存在感を思わせる何処となくクラシックで和のティストを持った雫形のモチーフ。 子供の頃に出逢ったであろう素敵な女性や、遠い昔のいつかのシーンを彷彿とさせるようで、なぜか心を落ち着かせてくれる懐古的なモチーフでもあります。

nadesiko ナデシコ

撫子は日本人女性の清らかさ 、純粋さ、真の強さにもたとえられる優しい可憐な花です。 CASUCAはその主張のある花弁をイメージし、大胆さと繊細さをあわせ持ったレースのようなモチーフに " nadesiko " と名づけました。 指を包みこむ様に寄り添うリングと小さなフープピアスは、優しくてクールで華やかさのあるアイテムです。

mokuren モクレン

小春日和という言葉があるように、素晴らしく晴れた秋の日には木蓮の花の香が漂うような錯覚にかられます。だれもの記憶に残る印象的な存在感の白木蓮。 「高潔な心」の花言葉を持つそんな気高い花をイメージしたリング " mokuren " は、ひとつひとつの異なる石の形に合わせて台座を設える唯一無二の一点ものです。

daria ダリア

土星の環はキラキラと輝く細かい氷の粒。CASUCA独自のテクスチャーと輝きでそんな未知の宇宙をイメージしてみました。
小さなまあるい空気をあたためるような立体のモチーフdaria/ダリアは「有能」というその花言葉にふさわしく、きりりと聡明な印象を合わせ持つモチーフです。

lilii リリー

CASUCAの象徴とも言える三角形を組み合わせた立体。キュッと寡黙で可能性を秘めた百合の花の蕾のイメージでもあります。
西洋の宗教画で描かれる白いユリは聖母マリアの象徴。花言葉は「洗練された美・威厳」。そんな優しさと強さを合わせ持ったモチーフです。

sinensis シネンシス

ふたつの弧、指の背にスッと直線、潔いフォルムのsinensis/シネンシス。
シネンシスとは中国原産のサクラソウの一種で、花言葉は「素朴・気取らない愛」そんな言葉どおりカジュアルな装いにさり気なく合わせてみたい、クールでスタイリッシュなリングです。

emiria エミリア

emiria/エミリアは音色をイメージしました。シンメトリーに美しく弧を描きながら柔らかく肌に寄り添い、また様々なモチーフのネックレスとのコーディネートでボリュームを添える伴奏者のようでもあります。独自のキラキラと輝くオリジナルチェーンを生かしたネックレスのシリーズはCASUCAの誇りでもあります。

guroriosa グロリオサ

CASUCA独自のオリジナルチェーンを生かしたネックレスのシリーズ。guroriosa/グロリオサは「栄光のユリ」という意味があります。
胸元に幾重にもたわんだドレープはシルクのたおやかさを思わせ、誇り高く公貴な輝きを見せます。

deizii デイジー

アリゾナ州のスリーピングビューティーという鉱山から産出される貴重なターコイズの小さな原石をCASUCAチェーンにランダムに配したモチーフ。
心が静かでいつも周りにリラックスをもたらす女性でいられたら……、そんな思いを込めて誕生した優しく揺れるアイテムたちです。

nemofira ネモフィラ

ターコイズをあしらった爽やかなモチーフ。
聖なる色、青の装飾をまとうことは、自らがきらめく、向上させる、という意味があるそう。18金の楕円形のフレームに囲われ、表面にはプリミティブかつクールなカットが施された優美なモチーフです。

kaede カエデ

幾重ものCASUCAチェーンの先には、多面体のカットをほどこしたちいさなモチーフがチラチラキラキラと揺らめいています。
キャッチにも付いたフリンジで奥行きを持たせたとても華やかなピアスです。
輝きに溢れ揺れるピアスは、まるで耳元に光を纏ったような存在感。

lotas ロータス

「清らかな心」「神聖」という花言葉を持ち、泥水が濃ければ濃いほど 気高く大輪の花を咲かせる蓮の花の名をCASUCA風スペルでモチーフ名にしました。 密やかなのに表情豊かで、控えめでありながらしっかりと主張のあるオトナの美人ネックレスは、 お手持ちのネックレスとKASANE(レイヤード)を楽しむメインアイテムにも最適です。

apiosu アピオス

アピオスとは、古くからインディアンのパワーの源として食されてきた豆の名で、正しくは “ apiosu americana ” といいます。プリミティブでどこか暖かみのあるデザインは、天の恵みを大切に想うインディアンたちが身につけていた装飾品をイメージしました。
ピアスとキラキラ輝くCASUCAチェーンでつながり、耳元に沿って光のラインをつくります。

riisu リイス

弧を描くフラワーリースを思わせるような愛らしい形のモチーフ。
結婚式で花嫁が頭に乗せる花の冠やクリスマスにドアに飾るリースは、輪であるということに「はじめも終わりもなく永遠に続く神の愛」を願う、という意味があるといわれているそう。すべての愛のかたちがどうか永遠でありますように、と小さなリイスに願いをこめて。

mehisiba メヒシバ

女性にとって最も誇らしい美しい場所デコルテに、シャープなVのクールさを追求したモチーフ。
Vゾーンに合わせてもクルーネックの首元にそえても、キリッと映えてくれるマスキュランなモチーフ。

tovera トベラ

家を護り、願いを叶えるという古代のお守り、toveraの花をルーツとする逆三角形のモチーフ。
モダンでありながらどこかプリミティブな雰囲気は、シンプルさの中に秘めた深い個性を感じさせます。
三角形の立体面はすべてCASUCAスクラッチで覆われ、表情ゆたかに輝きつづけます。

hacca ハッカ

いわゆる十字架、というよりもCASUCA独自のクロス。
女性らしい優美さに、ちょっぴりエッジを効かせたフォルム、CASUCAを代表するモチーフ。心を浄化し、安定と進歩をもたらすといわれるクロスを、小さな風車や風に舞う野の草花のように軽やかに。

coca コカ

スクラッチを花びらのようにほどこしたフレームに、ダイヤを埋め込んだ小さな円筒形のモチーフ。
さりげなく輝く花弁のように中心のダイヤをひっそりと守ります。
coca、cocaグランド、それぞれ野の花のつぼみと開花を思わせるデザインバリエーションです。

nico ニコ

いつの世も平和のシンボルとして親しまれてきた「スマイリー」。
笑顔を絶やさないでいられたらどんなに素敵でしょう。そんな思いを込めて、この愛しいアイコンの目を輝くダイヤに。
さらにCASUCAスクラッチをほどこし、少しクールでオトナな新たなアイコンとしました。

canna カンナ

プリンセスカットの大粒ダイヤモンドを使用。カットの名前は、その繊細で美しいフォルムから「プリンセスのように、気品ある女性にふさわしいものに」と開発者が語ったことが由来だそう。
スタイリッシュでありながら可憐さをあわせ持つ、正方形のとても上品なカッティング。
フラットでいてその面積のボリュームの放つクールで透明感漂うような輝きは魅力的です。

tumekusa ツメクサ

大人っぽい「小さなクローバー」をイメージしたモチーフ。
4つのダイヤとCASUCAスクラッチが光と調和してキラキラ輝くクローバーモチーフです。幸運は自分一人に来るよりも、身近に次々と来るのがいい、誰かと一緒に喜べるそんな充実感がどうか絶え間なく訪れますように………そんな思いを込めて。

syaga シャガ

スクラッチをほどこしたカールの台座は優しく流麗。
プチッとはじけた植物の種子を連想させるダイヤは、曲線の上でキラキラ輝きます。
syagaは少しでも光があれば花を咲かせることのできる気品のある花。
その花の種子をイメージソースとしました。

luna ルナ

新月の儚さと美しさとミスティックなパワーをテーマとしたモチーフは、首すじに沿ってゆるやかな弧を描くシルエット。
波状のスクラッチのウエーブの合間にほどこされたダイヤが流れるような光のラインを魅せます。
月は身につけると自己と他者の両方を癒やす力を与えられるといわれています。

maturica マツリカ

大小に連なる小さな野花を思わせるフレームにダイヤをあしらったモチーフ。 みずみずしく可憐なデザインは、落ち着きも備え、永遠に共にあるような存在感。maturicaとはジャスミンのことで “つながり、絆、親愛、友情” を象徴しています。

nazuna ナズナ

CASUCAオリジナルチェーンを、揺れながら輝く逆三角に形つくった柔らかいモチーフ。
垂れ下がるチェーンとチェーンの間に挟み込まれたゴールドの切り子玉がチェーンと共鳴し合い、チラチラさらさと揺れてさらに輝きを増します。
石を使わずクールでいながらひとたび光を纏うととても絢燗で、輝きが次々と溢れ出ます。

hakobe ハコベ

フラットカットなのに多彩なきらめきの表情をもつCASUCAチェーンを単独で起用し、その魅力をよりフューチャーしたシンプルなアイテムです。
特徴的な刻みがあり、少量なのに豊富に見えるハコベの花弁は、まるで、シンプルなのに多面的な魅力を発しながら輝くCASUCAチェーンのよう。

startis スターチス

夜露で煌めく蜘蛛の糸をイメージしたデリケイトかつアトラクティブなモチーフは、CASUCAチェーンを霞のごとくエレガントに纏ったよう。
美しいアシンメトリーな造形は匠の手枝でていねいにていねいに仕上げています。
蜘蛛の巣は幸せに満ちた夢がみられるドリームキャッチャーとしてもあがめられています。

yunaito ユナイト

新たなネックレスの考え方。プレーンでノーブルでクールな、CASUCAオリジナルチェーンの美妙な存在感を最大限に生かすために、WGとYGチェーンだけをつなぎました。
単つでさり気なく着けても、ロングは二重にしても、三重四重にしてブレスレットにしても。
他アイテムとのコラボレーションを楽しみやすい素敵な万能ネックレスです。

rabanzin ラバンジン

輝度の高さと、儚さ優しさを合わせ持つCASUCAチェーン、その華奢なチェーンをそおっと丁寧に編み込んで仕上げたモチーフです。
自然光では静かな大人の存在感、夜にはライトやキャンドルの光を受け多面的で重厚な輝きを放ちます。

dorias ドリアス

さまざまな輝きを放つ数種のチェーンを組み合わせた、多彩な表情をくりかえすモチーフ。
美妙に絡みつくチェーンが動くたびに揺れ、瞬間瞬間ちいさな輝きのスペクタルをかもし出します。
doriasの花は “多様な魅力” を象徴します。

huzi フジ

重量感と軽やかさを合わせ持つ、CASUCA独自の極細身の多面的なフラットカットチェーンが主役。
キラキラ輝くチェーンの束が動くたびにしなやかに揺れる、小さな藤の花のように、可憐ながら彩りゆたかなモチーフです。

amana アマナ

懐古的な雰囲気を持つ紋章のイメージに重なる、繊細さと芯の強さを兼ね備えた「意志のある女性の輝き」をテーマとしたモチーフです。
弧を描くダブルラインと、ダイヤモンドを囲む四つの爪のキリッとした雰囲気が、聡明な美しさを添えています。

kion キオン

CASUCAチェーンと切り子のチェーンを組み合せたモチーフ。
ネックレスは、ニッコリ笑った口元をイメージしました。
どんなときも笑顔を絶やさずにいられますように………。
kionは “元気” の象徴。そしてその象徴どおり陽当たりの良い草地に咲く野の花です。

carumia カルミア

大小三粒のダイヤは、水たまりに落ちてはじけた水滴のようなイメージ。
カルミア、“優雅な女性” “大志を抱く” を象徴する公貴な花の名前をつけました。
エレガントでいながら、いつまでもみずみずしく、しおれることのない女性でいられたら………。
陽や明かりにさらすとダイヤはたくさんの光を集め、纏い、宿し、そして放ちつづけます。

monaruda モナルダ

完成された美しさを持つト音記号の造形美にCASUCAスクラッチをほどこすことで、すべての音楽・音色への敬意になれば………。
曲線のみで構成されたフォルムが軽快かつ重厚なト音記号は、どこか懐かしく心惹かれる永遠のチャームです。

inisyaru イニシャル

人はなぜイニシャルを身につけてみたくなるのでしょう。
誰かを、また自分自身を、大切にそこへ取り込んで密かにあたためていたくなるのでは。
そんな秘めやかな思いを馳せるため、CASUCAらしい極小サイズで、むかしむかしのタイプライターにある文字をイメージしたシンプルでクールなイニシャルです。

suzusiro スズシロ

ネックラインに沿ったCASUCAチェーンに等間隔で6つの小さな三角モチーフをあしらったモチーフ。
その立ち振る舞いにあわせて静かに繊細に揺れてチラチラと、時には閃光のごとくシャープな輝きを放ちます。

cosumosu コスモス

素朴なブラウンダイヤモンドの粒をキラキラ輝くCASUCAチェーンにランダムに配した贅沢なモチーフです。
コスモスの花言葉は「移り変わらぬ気持ち」。
地球が生み出した優美なダイヤモンドは、まさに永遠の宝石です。

harienju ハリエンジュ

ハーキマダイヤモンド・クオーツという水晶をつかった涼しげなモチーフ。
ハーキマダイヤモンド・クオーツは綺麗な単結晶の状態で採掘されるためダイヤモンドという名前がついています。

gumi グミ

愛する雫を優しい石たちにたくし、スクラッチをほどこした花弁でとどめています。
それは可憐な生まれたての木の実のようで、いつまでも眺めていたい愛しさ。
朝露をまとった愛らしい木の実のような、甘い果実のゼリーのような印象から、CASUCAの雫は"gumi"と名づけられました。

coluhis コルヒス

プレシャスストーンを裸石で起用。
三角や四角の、甘さをおさえたヘイズブルーのサファイア、レインパープルのアメシスト、アルカイックグリーンのクロムダイオプサイト。
その発色と発光はいつまでも見つめていたい石たちの物語を感じさせます。

reizun レイズン

レイズンとはまさに葡萄の実。イメージをそのままに特色のサファイアでかたちづくりました。
葡萄は聖書によく登場します。クネクネと見映えのしない木に、たとえ水が無くとも人々を癒やす葡萄酒となるすばらしい果実は実る、そこから、見栄も虚栄もない「真っすぐな信仰心」を象徴したといわれています。サファイアには目標を貫徹する強い意思を持つという意味があります。

cisa チサ

CASUCAスクラッチが際立つプレーンなデザインは、単つでつけても重ねてつけても、可憐でどこかスパイシー。
他のアイテムを組み合せるのにも最適です。
手仕事の跡を感じさせるひとつひとつのスクラッチが柔らかな光の反射の妙をかもし出します。

arumeria アルメリア

ぬくもりのあるカッティングが優しい表情をみせてくれる、シンプルなのにどこかゆたかなデザインのリングです。
削り出したようなスクラッチは素朴でありながらもプレシャス&スタイリッシュ。
Arumeriaは “勝利、思いやり、共感” を象徴する花の名前です。
CASUCA:カスカデザイナー安野ともこ

DESIGNER:TOMOKO YASUNO

ファッションブランドに勤務の後、フリーのコラムニスト、ライター、プランナーとしての仕事をするかたわら、毎日新聞社の季刊誌『活人』や資生堂 『CAWAIICLIQUE』誌で衣装製作に携わる。写真集の仕事で小泉今日子さんとの出会いをきっかけに衣装のスタイリングを開始。
数々の映画や舞台、ドラマ、TVCMなどを中心に、人をより魅力的に " 魅せる " スタイリングを手がけ、2007年秋、ジュエリーブランドCASUCAを立ち上げる。可憐なのにクール、密やかなのに印象的で存在感のあるCASUCAのジュエリーは、幅広い年齢層の女性から支持されている。
現在はジュエリーデザインやスタイリストの仕事に加え、フィギュアスケート浅田真央選手のコスチュームや、ミュージカル『キャバレー』の衣装デザイン・製作など、衣装デザイナーとしても幅広く活躍中。
また、かねてより構想の下着ブランド『AROMATIQUE | CASUCA』を2016年に発表。究極のスタイリングインナーを追求している。

more >>

美しく誇り高き劣等生

たいせつな思い出は、消え行く記憶と共にシャボン玉のごとくいつか宇宙の泡となる… そして、どんな人生もきっと薔薇色…

こんな思いを巡らせながら生まれたリングは、ドーム状のローズカットが施された大小8個のグレーダイヤモンドを配した、その名も『rose』。
クリアであればあるほどよしとされるダイヤにおいては劣等生ともいえる細かな内包物が混入しているこの石たちは、一つひとつが個性的で愛おしく、クラシカルで優しい輝きを持ち、古い植物園にひっそりと咲く薔薇のようなリリカルな雰囲気を醸し出してくれています。
台座も腕も、歪みや削りあとを残しラフなテクスチャーでありながら、エイジング加工は決して施さず、キラキラと美しく誇り高く輝いているのがCASUCAならではの味わいです。

more >>
CASUCA:カスカのジュエリー「rose」



  • CASUCA BRIDAL

    可憐なのにクール、密やかなのに印象的。光をあつめ、肌に寄り添うように優しく輝く。スタイリストとして、多くの俳優、女優やアスリートたちを輝かせてきた安野ともこがデザインするブライダルコレクション。

  • CASUCA

    CASUCAとはポルトガル語で「あばら屋」。子供の頃、隠れ家に宝物を隠してドキドキしていた思い出を託したような、スモールラグジュアリなジュエリーたち。手仕事を何度も何度もやり直しながらつくりあげています。

  • CASUCA NIDO (準備中)

    10金やシルバーなどを使ったカジュアルライン。生命が生まれ成長し、新しい出逢いを求めて大きな夢と共に巣立っていく源となる場所。あばら屋に巣をつくった愛おしい仲間たち。 Nidoとは、そんな「巣」を意味しています。


  • CASUCA 表参道本店

    このたび、CASUCAはこれまで6年間慣れ親しんで参りました目黒の地を離れ、表参道に本店を移転いたしました。表参道の駅から徒歩5分という立地にもかかわらず、喧騒からは少し離れ、陽当たりのよい少し隠れ家的な雰囲気のお店です。お近くにお越しの際にはぜひ一度お立ち寄りいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

    住  所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 5−46−13(東京メトロ「表参道駅」B2出口より徒歩5分)
    TEL:03-5778-9168
    営業時間:平日12:00〜20:00 土日祝 11:00〜20:00

    その他お取扱い店舗はコチラから >
    more >>


    Copyright © CASUCA All Rights Reserved.