可憐なのにクール。密やかなのに印象的。 肌に寄り添うようになじみながらも美妙な存在感をしめすCASUCAのジュエリー。


CASUCAブランド誕生秘話

CASUCAブランド誕生秘話


すべてはハッカから始まったのでした。
2007年春、日本テレビでドラマ「ホタルのヒカリ」のオンエアが始まると、その第一回目に主演の綾瀬はるかさんが身につけていたとてもとても小さなネックレスが、ドラマを観ていた多くの女性の目を釘付けにしました。
そのネックレスに気をとめた人たちは、すぐにテレビ局のサイトをチェックしたり、録画のタイトルバックをコマ送りにして、そのネックレスのブランドを特定しようとしたところ、ほどなくCASUCAというのがどうもそのネックレスのブランドではないかということが、明らかになってきた。しかし、検索エンジンを使って調べても、どこにもCASUCAというブランドのホームページも見つからなければ、なにひとつとして情報が見当たらない。
それもそのはず、そのCASUCAというブランドはスタイリストの安野ともこが自身の仕事に使うためにデザインし、知り合いの作家に頼んで作ってもらっていた幾つかのジュエリーを、このままではもったいないから商品化しようということで、そのブランド名もそのジュエリーたちの持つ「はかなくてかすかなたたずまい」という雰囲気と、安野ともこが子供の頃の思い出に残る近所でよく遊んだあばら家をスペイン語で表すCASUCAという名前に落ち着いたという、まだそんな段階で、たまたま「ホタルのヒカリ」で綾瀬はるかさんが身につけることになってしまったのです。
気がつけばネット上で何人もの人がCASUCAを探していたり、web検索するとまったく関係のないジュエリーショップに誘導されるという事態に直面し、これは一刻も早くブランドを立ち上げて発表しなければと、慌てて商品の撮影をしてホームページも作ることになりました。
そんなこんなで最初はお店があるわけでも、セレクトショップなどに卸してもいなかったので、ホームページで通信販売という形でのみ販売をしていました。メールで注文してもらい、こちらもメールに返信しお金を振り込んでもらい発送する。それもジュエリーケースはケース屋さんで買ってきたものにみんなで絵の具を塗ってCASUCAらしさを出したり、本当に手探り手作りのブランドからのスタートでした。
CASUCAブランド誕生秘話



  • CASUCA BRIDAL

    可憐なのにクール、密やかなのに印象的。光をあつめ、肌に寄り添うように優しく輝く。スタイリストとして、多くの俳優、女優やアスリートたちを輝かせてきた安野ともこがデザインするブライダルコレクション。

  • CASUCA

    CASUCAとはポルトガル語で「あばら屋」。子供の頃、隠れ家に宝物を隠してドキドキしていた思い出を託したような、スモールラグジュアリなジュエリーたち。手仕事を何度も何度もやり直しながらつくりあげています。

  • CASUCA NIDO

    10金やシルバーなどを使ったカジュアルライン。生命が生まれ成長し、新しい出逢いを求めて大きな夢と共に巣立っていく源となる場所。あばら屋に巣をつくった愛おしい仲間たち。 Nidoとは、そんな「巣」を意味しています。


  • CASUCA 表参道本店

    このたび、CASUCAはこれまで6年間慣れ親しんで参りました目黒の地を離れ、表参道に本店を移転いたしました。表参道の駅から徒歩5分という立地にもかかわらず、喧騒からは少し離れ、陽当たりのよい少し隠れ家的な雰囲気のお店です。お近くにお越しの際にはぜひ一度お立ち寄りいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

    住  所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 5−46−13(東京メトロ「表参道駅」B2出口より徒歩5分)
    TEL:03-5778-9168
    営業時間:平日12:00〜20:00 土日祝 11:00〜20:00

    その他お取扱い店舗はコチラから >
    more >>